チンクエチェントは、イタリアのエンジニア、ダンテ・ジアコーザ氏の手により1957年に発表され、1975年までイタリアを中心に大勢の人々に愛され続けた、空冷2気筒500ccの可愛いクルマです。

チンクエチェントは30年以上も前に生産が終わったクルマですが、今も大勢のファンに愛され、乗り継がれ、元気に走り回っています。
『チンクエチェント博物館』では、大勢の人にこの魅力を知っていただけるように、そして一人でも多くのファンが一年でも長くチンクエチェントと楽しいカーライフを送っていただけるように、ずっとみんなでチンクエチェントと遊べるように、チンクエチェントの魅力を伝えていきます。

私たちは、イタリアの関係者にも協力を仰ぎ、チンクエチェントや数々の資料を保護・保存し、オーナーやチンクエチェントを愛する人たちのために役立つ情報発信をし、この素晴らしいチンクエチェントの文化を末永く伝えていくことを目指しています。
またこの活動を通じて、ささやかでもイタリアとの文化交流に役立っていけることを願っています。

『ダンテ・ジアコーザに捧ぐ…』
ここは、チンクエチェントの博物館です。
ノーマルタイプのチンクエチェントはもちろん、いろんなカロッツェリアでリファインされた個性的なチンクエチェントもたくさん展示してます。
もう見ていただくだけでワクワクしちゃう!
チャーミングで魅力いっぱいのチンクエチェント達を保護・保存しご覧頂きます。
他にも、これは!というイタリア車も展示しますのでどうぞお楽しみに!
チンクエチェントは生産終了から30年以上の年月が経っています。
当時のマニュアルや、イタリアの資料、ポスター、グッズなどを整理し展示していきます。
歴史的にも貴重なものもあります。
もっとチンクエチェントが好きになってしまうはずです。
どうぞご覧下さい。
素敵なチンクエチェントは、じっくり見ていただいてこそ価値と魅力が分かるというもの。
ここでは時の経つのをちょっとの間忘れていただきたい!
イタリア気分でくつろいでいただきたい!
来場してくれたみなさんに、楽しい想い出を持って帰ってもらいたい!
そこで素敵なカフェを作りました。
イタリアで70余年の歴史を持つ“カフェ・アンドレア”がみなさんをお待ちしています。
イタリアのカーグッズや他にはないようなおもしろグッズもおいてます。
来られなかったお友だちへのおみやげなんかもばっちりですよ。
いろんな人(もちろんみんなチンクエチェントが好きな人ばっかり)に、他では手に入らないようなチンクエチェントの可愛いグッズを作ってもらってます。
いわゆるミュージアムグッズです。
どんどん増えます。
ただし限定品もあるのでチェックはお忘れなく!
チンクエチェント博物館のあるチッタ・ナポリはイタリアンテイストのリゾート施設です。
海を眺めながら、四季折々の風景を楽しんでいただきます。
美味しい空気をいっぱい味わって下さい。
元気いっぱいになること間違いなしです。
チンクエチェントの国、イタリアからいろんな情報が届いてます。
イタリアの仲間が日本のチンクエチェントファンのためにと、スペシャルもあります。
どうぞお楽しみに。
●スロットワールド32(SW32)
クルマ好きなあなたにチンクエチェントの博物館では、実車だけでなく実際に走って楽しめるミニカー『スロットカー』をご案内しています。